4月 10th, 2014

?真剣な部分を買ってくれた「外国と仕事をする事が多い部署にいるので、職場から近い英会話教室に通う事にしたのです。平日二回、週末一回という結構な回数通いました。そんな時、先生から食事へ誘われた事で交際へと発展したのです。私の真面目な授業態度を見ていて気になりだしたと言っていました。二人きりの授業となるとやっぱり恋愛へ発展しやすいんだと思います。」
(27歳・秘書)
?好きな物を差し入れしてくれた「複数名で受けるレッスンへ行っているのですが、先生がホントブラピの様なカッコいい人で、凄くタイプでした。親しくなれたらいいなと思って、好きな物は何かチェックしてそれを差し入れしてたりしたら、メルアドを教えてくれて、最近は授業の無い日もMailしていて、近い内デート出来そうな感じです!」
(25歳・IT)
?悩み事を話す「担当していたマネージャを好きになってしまったのです。お客様だとは知っているけど、誰にでも親切に教えてくれるんですね。勉強に関する悩み事を話していた時も凄く真剣に聞いてくれました。煮詰まっていた時には『美味しい店知ってるからランチしますか!』って誘われて、そこから親密度が一気に増しました。同じスクールで働いているから、お客様以外の出会いってまずないみたいです。ですからそこが狙い所なんですよね」
(30歳・ブライダル)
?レッスンが終わるといつもご飯を食べに行く「職場の男性とグループレッスンに行っているんです。週三回レッスンが終わった後にご飯を食べに行っていたから、恋人みたいな感覚になりやすかったんでしょうね。特に意識せずに気づけば恋愛関係でした。同職場に目的も同じですから尚自然でした」
(34歳・金融)
?メアドを教えてくれた「きちんと身につけたかったからマンツーでの授業を選択したのです。いつも重要箇所をまとめて書いてくれて私にくれるのですが、ある日ディナーに行こうという英文が書かれていたのです。外国人好きでしたから即OKして、何度かデートしたんですが相性が合う事で交際する事になりました」
(31歳・エステ)

0
Posted in 東北での出会い |
4月 8th, 2014

あとがきです。
ここまで、読んできたあなたはもうキャバクラマスターと呼んでも過言でもないはずです。
あとは、いかに実戦経験を積み、自分にあった嬢を探していきましょう。
嬢が見つかることで、通うのも楽しいはずです。
同伴やアフターも楽しい思い出となるでしょう。
そして、その嬢を彼女にすればもう恩の字かと思います。
キャバクラとは、妄想するよりも、いかに自分の理想を現実化させればいいかを考えさせてくれるシステムなのです。
「百聞一見にしかず」という諺がありますが、百回も嬢との妄想話をしていても1回会って実行しなければ、何も出来ないのです。
しかし、これらを楽しんだり、実行するには「お金」が必要です。
あなたが、たまたまお金持ちであるならば、問題ありません。
大多数の人は普通の一般人だと思います。
ですから、嬢をせめて少し喜ばせるだけでもいいので、しっかりとした資金源を作ってくださいね。
そして、最後にアドバイスをします。
「キャバクラを極めたものは皆幸せに出来る」この意味は、キャバクラというシステムを徹底的に極めれば、あなたも嬢も幸せになれるのです。
嬢もお金も入り、あなたも有意義な時間を過ごせます。
その為には、日頃の努力を研鑽し、ご自分のキャバクラ道を作ってください。
あなたのプライベートに一つの光明が入れるよう心からお祈り申し上げます・・・

0